パソコンを使用している女性

サイトURLを正規化してSEOを完了させる

SSL化に伴ってサイト内のリンクURLを変更する必要があることを上に書きましたが、この時にもう一つやっておきたい重要なことがあります。
それは、サイトのURLを正規化して検索エンジンに評価させやすくすることです。
これに対応しておかないと、検索エンジンはサイトの評価をためらってしまうことになり、検索上位に反映されにくくなります。

URL正規化は、複数のURLを入力することで同じページが表示されることを回避する方法です。
同じページがいくつかのURLに対応してしまっている場合、検索エンジンは複数のサイトが存在すると勘違いしてしまうため、そのウェブサイトは情報量が不足していると判断してしまうのです。

例えば、httpsから始まるアドレスの場合、トップページはおしまいにindex.htmlが付いていてもいなくても同じように表示されます。
これを検索エンジンは二つのサイトだと判定してしまう訳です。
また、index.htmlのあるなしだけでなく、wwwのあるなしでも検索結果は分散してしまうことになります。

URL正規化にはいくつかの方法がありますが、その中の一つがソースのなかにcanonicalというタグを埋め込んでおくやり方になります。
このタグはHTMLのヘッド部分に記載しておくのですが、検索エンジンに評価させたいアドレスを一緒に記しておくことで、検索エンジンが迷ってしまうことを防ぐことが出来ます。

書き方としては、ヘッド部分のlinkタグのなかに「rel="canonical"」という属性と「href=https://www~」という属性を記載します。
検索エンジンは、hrefという属性の部分に書かれているアドレスを正規化されたURLだと判断することになります。

また、canonicalを使わずに301リダイレクトを利用する方法もあります。
大規模サイトやサブドメインを使っている場合はこの方法が便利です。
このやり方をすれば、転送後のURLが検索エンジンが評価すべきURLとなるので、複数のドメインやサブドメインにまたがっているサイトを一括で正規化したい場合に便利です。

しかし、この方法は多用するとユーザーのストレスが増すことになりますから、必要な部分に限って適用するのが良いと言えます。
301リダイレクトが完了しているかどうかの確認方法は簡単で、アドレスバーにURLを打ち込んで正常に転送されていれば正規化が完了しています。

URL正規化はSEOにとっては重要なことの一つです。
これが完了出来ているかどうかをチェックする確認方法としては、チェックツールを使うというやり方もあります。
大規模サイト等で一つ一つURLを入力していくのは結構な手間ですから、こうしたツールを使って一気にチェックしてしまいましょう。