パソコンを使用している女性
News
タブレットを見ている女性

個人であれ会社であれ、自サイトを持っているのであればぜひとも多くの人に見てもらいたいと考えるのは当然のことでしょう。
しかし、一朝一夕にサイトの訪問者は増えてくれません。
訪問者数を増やすにはそれなりの工夫をすることが必要になります。

そうした時に有効活用出来る方法の一つが、中古ドメインを利用するというやり方です。
そんなものにどんな価値があるのと思われる人もいるかも知れませんが、実は中古ドメインには場合によっては以前にそのドメインを訪れていたユーザーを取り込むことが出来る、というメリットがあります。
例え運営者が変わっても、似たような内容を取り扱っているサイトであれば、以前に利用していたユーザーがそのまま新たなオーナーのサイトを利用し続ける可能性がある訳です。

しかし、中古ドメインを活用してSEOにつなげることもそれほど簡単ではありません。
ポイントとなってくるのは、誰かが使用したドメインを再利用するという点です。
検索エンジンによる以前のサイト評価が芳しくない場合、逆にSEOにとってはマイナスになってしまうリスクもあるのです。
つまり、中古ドメインを利用することにはギャンブル要素があると言えます。
しかし、きちんとした情報を持って判断すれば、こうしたデメリットのある中古ドメインを購入してしまうことを避けることも可能です。

こちらのページでは中古ドメインを使って、ホームページのドメインパワーを上げるための方法をご説明しています。
具体的には、中古ドメインの探し方や使い方、どう評価すべきなのかを中心にして、新規ドメインとのインデックスの違いやリダイレクトの方法等についても解説します。

また、リスクのある中古ドメインとしてアフィリエイトサイトやスパムに使用されていたもの、不正な被リンクが張られているものの見分け方などもご紹介します。
とくにアフィリエイトサイトやスパムサイトの場合、検索エンジンからペナルティーを受けている場合もあるので注意が必要です。
サイト運営者がドメインパワーを上げるためにリダイレクトを活用することはよく行われていますが、この際も注意しないと不正な被リンクであると見なされるリスクがあります。

検索エンジンにあらかじめインデックスされていれば、苦労して訪問者を集めなくてもビュアーを獲得することが出来ます。
場合によっては以前のサイトの評価をそのまま引き継ぐということも可能です。
こうした中古ドメインの便利な使い方や探し方を覚えて、ぜひSEOに有効活用しましょう。